ケアマネージャー 年収

ケアマネージャーの平均年収

 

ケアマネージャーは、難関の資格職。
だから、年収ってとっても気になってしまいます。

 

そんな注目の的、平均年収については、年齢や勤務先など、
各々の条件によって微妙な差はあるものの、おおよその相場があるようです。

 

まず、ケアマネジャーの平均年齢については、
47.5歳といわれています。

 

ついで、平均勤続年数は約8.5年。

 

つまり、40歳前後で資格を取得して、
8〜9年程度継続して勤務している人が平均的、ということがいえます。

 

若干年齢が高めに思えるかもしれませんが、
受験資格となる実務経験をクリアして、その上で試験に合格する必要があることが要因です。

 

さらにいえば、サラリーマンとして一般企業に勤務していた、あるいは専業主婦をしていた人が、
転職・再就職のために資格を取得するケースはとても多いです。

 

それらを考慮すれば納得できるデータといえるでしょう。

 

さて、気になるケアマネージャーの平均年収ですが、約350〜400万円が相場です。
期待していたより高い、というわけではないかもしれません。

 

しかし、これからの高齢化社会に向けて、就職しやすく安定してはたらける職種である、
という意味では、とても強い資格であるといえるでしょう。

 

また、ケアマネジャーには女性の割合が他の業界と比べても多く、
国全体で見てみれば、一般的な女性の平均年収よりも100万円以上高いことになります。

 

就職しやすく、年収も若干高め、女性が多いためはたらきやすく、さらにやりがいに満ちた職種、
それがケアマネジャーという職業なのです。