ケアマネージャー 難易度

ケアマネージャーの難易度

ケアマネージャーの難易度は、年々上がってきている、と言われています。

 

というのも、データを見るからに、年々合格率が下降傾向にあるからです。
一見すると、たしかにケアマネージャーの難易度はあがっているように見えます。

 

しかし実際のところ、
ケアマネージャーの難易度は決して上がっているわけではありません。

 

というのも、受験者数が年々かなりの勢いで増加しているため、
受験者数の質が落ちてきているからです。

 

高齢化社会を背景として、介護業界の人材不足は深刻化しています。

 

他の業種と比べても就職しやすい、引く手あまたの状態なので、
介護職に従事する人は、以前より格段に増えているのです。

 

そのため、ケアマネージャーになるために必要な実務経験を満たしている人は多く、
記念受験のようなかたちで試験を受ける人が多いのです。

 

つまり、受験者数が増加傾向にある一方、難易度は変わらないため、
試験に落ちてしまう人が多いのです。

 

その結果、データ上はたしかに合格率は減っています。
しかし、ケアマネージャーの難易度自体はそれほど変わりはないのです。

 

客観的に分析をしてみても、ケアマネージャー試験の難易度は、
年度ごとに微妙なちがいはあるものの、大した差はありません。

 

そのため、「ケアマネージャーの難易度が上がっている」と恐れる必要は全くありません。

 

各種スクールの試験対策講座をしっかりこなして、
必要な試験対策をばっちり行えば、決して合格するのが難しい資格ではありません。

 

勉強する前からあきらめてしまう必要はありません。
自分にあったスクールの講座に出会うことができれば、すでに合格は手の届く場所にあります。