ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーになるには、まずは講座選びをしっかりと!

 

ケアマネージャーになるには、講座選びがとても大事です。
講座選びの際には、とくに以下のポイントに気を配りましょう。

 

講座・カリキュラム
講座費用
学習期間
添削や質問などサポートの充実度
就職サポートのありなし

 

 

ケアマネージャーの資格講座選びには、まずは資料請求!

 

 

 

 

【ケアマネジャーになるためには】 現実的、かつ最短の方法はコレだ!

 

 

ケアマネージャーになるには、資格・実務経験が必要です。

 

「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があるのですが、
ケアマネージャーになるには受験資格を満たしていないと、試験を受けることすらできません。

 

ケアマネージャーになるには、受験資格を満たす必要があります

特定の国家資格保持者

介護福祉士、社会福祉士、看護士、柔道整復師、栄養士等など、
計22種類のうち1つでも国家資格を保有しており、5年以上、900日の実務経験がある

相談援助業務の従事経験者

法令に基づいた施設や事業所において、
5年以上、900日の施設必置相談援助業務や法定相談援助業務等の実務経験がある

介護業務の従事経験者

社会福祉主事任用資格、または介護職員初任者研修等を修了したうえで、
5年以上、900日の介護業務の実務経験がある

 

ケアマネジャーになるためには、上記のいずれかの受験資格を満たす必要があります。
もし「条件を満たしていない」という場合は、受験資格を取得しましょう。

 

受験資格を手に入れる最も現実的な方法

 

@の「特定の国家資格」を取得を目指すのは、現実的ではありません。

 

相当な労力を必要とするため、すでに資格を持っている人でない場合、
ほかの方法を模索するほうがよいでしょう。

 

また、A「相談援助業務」も、現実的にはなかなか任せてもらえないことが多いはずです。
相当な経験を要するため、難しい場合が多いでしょう。

 

そこで、ケアマネージャーになるには、
介護職員初任者研修を受講するのがもっとも現実的といえます。

 

ケアマネージャーになるには、介護職員初任者研修を受講して、
実務経験を積むのが最短の道といえます。

 

ここでの実務経験というのは、雇用形態は問われません。

 

アルバイトやパート・派遣・契約社員等であっても、
勤務先に証明書を発行してもらえば立派な実務経験とみなされます。

 

ケアマネージャーになるには、こうした方法で無理なく条件を満たす方法が、
多くのひとにとって最短の道になっています。

 

普段通り、ケアマネージャーになるには無理せずコツコツと仕事を続けて、
受験資格を取得するようにしましょう。

 

最後の関門:ケアマネージャー資格を取得するには

 

ケアマネージャーになるには、試験に合格するだけではなれません。
介護支援専門員実務研修を受講し、修了する必要があります。

 

全日程を出席し、修了することで、
晴れてケアマネージャーとして資格を取得することができるのです。

 

ケアマネージャーの仕事環境

就職・転職について

求人状況は、高齢化社会に伴ない増加傾向にあります。
なかには、ケアマネージャーを常駐させることを義務としている施設もあるほど。

 

就職状況は、まさに売り手市場といえます。

 

そのため、ケアマネージャーになるには資格さえ取得すれば、
ほぼ間違いなく就職して活躍することができます。

 

ケアマネージャーとしての適性

コミュニケーション能力

ケアマネージャーになるには、コミュニケーション能力が重視されます。

 

介護を受ける側にとって最適なケアプランを提案するには、
コミュニケーション能力を発揮して、相手のニーズを汲み取る必要があるのです。

 

また、医師や看護師にとどまらず、介護福祉士、理学療法士、作業療法士など、
様々な役割の人とコミュニケーションをとる必要があります。

 

ケアマネージャーになるには、普段の仕事からコミュニケーション能力を意識し、
常日頃みがきをかけるように意識しなくてはなりません。

 

事務処理能力

ケアマネージャーは、事務仕事が非常に多い職種です。
そのため、ケアマネージャーになるには事務処理能力が求められます。

 

ケアプランなどの書類作成、給与管理など、
事務処理能力が高い人に適性が認められます。

 

 

まずは情報収集から!資料請求がオススメ

ケアマネージャーになるには、各種スクールの試験対策講座を利用しましょう。
さすがに独学でどうにかなるものではありません。

 

介護業界の最高峰資格、ともいわれているくらいですので、
難易度はそれ相応のものとなっています。

 

そしてケアマネージャーになるには、講座選びが最重要、といってもいいくらい大切です。
合格実績があって、なおかつ自分に合っているものを選ぶ必要があります。

 

そんな最重要な講座選びに関しては、
「ケア資格ナビ」で講座の資料請求をすることがオススメです。

 

仲介会社が手続きを代行してくれるため、利用料一切無料で、
なおかつ勧誘やセールスを受けることが一切なく、情報収集することができます。

 

 

 

 

 

 

 

【ケアの実態・難易度について】首ニキビ
【参考】電話相談・カウンセリング技術なら:不倫無料相談